販促うちわを作るときのポイント

販促うちわにはいくつかの種類があります。

たいてい受け取るものはレギュラーサイズのうちわですが、もっと他にもユニークなうちわがありますので知っておきましょう。

▼販促うちわオリジナル

販促うちわには、定番のもの、個性派のもの、既成絵柄のもの、特殊骨のものがあります。

定番うちわは一番多く使われる白骨タイプです。

個性派うちわは定番のものでは物足りない、もっと目立って興味をひきたいときに選ばれます。

既成絵柄はすでに絵柄が入ったもので、社名や店名のみを入れるだけなので手間がかかりません。

特殊骨は特殊な骨を使っているもので、蓄光骨やUV骨、ごみと一緒に燃やしたらダイオキシンを除去してくれるエコ骨があります。

▼デザインが難しい!そんな時は

お店や会社の宣伝をうちわでしっかりとやりたいので、印象に残るデザインを印刷したうちわが作りたいけれど、まったくデザインが浮かばない、納期は迫ってくるのにどうすればいいだろうと焦っている人はいませんか。

そんな人はうちわの製作会社にデザインも依頼することができます。

デザイナーを常駐させている会社もありますので、こんなイメージで、と伝えたらいくつかの案を出してくれます。

ただし、デザイン料が発生しますのでその分もあわせて費用対効果を考えなければなりません。

あまりお金をかけられないし、そこまで凝ったものでなくて良い、というならば手作りうちわキングが販売している片面既成のうちわを使いましょう。

片面既成のうちわとはその名の通り片面が既に印刷がされているうちわなのですが、実に様々な絵柄が用意されています。

ですから地元のお祭りに合わせて配りたい、大会の応援うちわとして手に持ってほしいなどの希望に近いイラストを選ぶことが出来ますし、もう片面に会社のロゴなどを印刷する事で販促効果も期待できるのです。

何よりデザイン料がかからないので予算を抑えたいと言う時にはおすすめです。

▼渡す年代も考慮して

うちわを作る時は、そのうちわを渡す年代についても考えた方が良いでしょう。

とにかくたくさん配りたいのであれば定番のものでも良いですが、親子連れが多いイベントで配るのなら子どもが持っても安全なもの(紙製うちわなど)にするなどの工夫が必要です。

いろんなことを考えながら、良いうちわを作りましょう。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加