販促うちわは効果がたかい

街中で、よく広告の入ったうちわやティッシュを配っているところに出会いますが、うちわなら受け取るがティッシュは受け取らない、チラシだけなら素通りするという声は多いですね。

販促うちわを配った後、どれほどの効果がみられるのでしょうか。

▼販促うちわの保管率

販促うちわを受け取った後、どれくらい保管してあるかとアンケートを取ったところ、6割が3か月以上保管している、そして4割の人が1年以上保管しているという結果が出ました。

このことからチラシと比べてみても手元に保管する率が高いことがわかります。

▼保管してもらうだけでも効果が

うちわを受け取って保管している間に、ふとそのうちわが目に付いたら「あ、こんなイベントやっていたんだ」とか「こんな商品、売っていたな~。

まだあるかな?」というように、何かの時に気にかけてもらえます。

うちわを見て思い出し、またそのお店に来てくれたり、商品が売れたりすることがあるのです。

この効果はうれしいですね。

▼チラシよりもうちわ

いくら手の込んだチラシを作っても、受け取ってもらえないことが多いですし仮に受け取ってもらったとしても家に帰ったらそのままゴミ箱へ行くのはほぼ間違いありません。

その点、うちわならそのまま保管しておいて暑い時に涼をとったり、バーベキューで火おこしをする時に使ったり、他には家庭ではこんな活用方法もあります。

関連記事pick up⇒酢飯を作るときにうちわであおぐのには理由があった

うちわは様々な事に利用できるので広告に目が行きやすいです。

それを見てまたお店に行くこともあるでしょうし、何らかのアクションを起こす人は多いといわれています。

最近ではチラシよりも販促うちわが選ばれることが多いようです。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加