プラチナの結婚指輪って傷や変色はどう?

結婚指輪といえば、毎日身に着けるもので、ほとんど外さないでつけっぱなしという人も多いと思いますが、日常的に身に着けていると気になるのが傷ですよね。

結婚指輪の素材の中でも硬度も耐久性も高いプラチナであっても、やはり傷はついてしまうものです。

そんな結婚指輪の傷について、みんなはどの様なことに気をつけているのでしょうか?傷ができてしまった場合、どうしているのでしょうか?

結婚指輪は、日常生活において指にはめているので、多少の傷がついてしまったり、汚れてしまうということは致し方ありません。

もともと柔らかな素材のプラチナですから、どうしても細かい傷がついてしまうものです。

プラチナの場合、純度100%のPt1000であった場合、大変キズつきやすいので、結婚指輪の用途には向かず、避けるべき素材です。

Pt950やPt900で少しでもパラジウムなどの別の金属を混ぜた合金の結婚指輪を選ぶべきですが、この数値が高ければ高いほど傷つきやすいので購入する際には考慮しましょう。

ちなみにゴールドにおいてもプラチナと同様に純度が高いほど傷つきやすい素材となります。

また、プラチナの変色についてですが、プラチナは金属としてとても安定性が高いので温泉に入ったりしてもほぼ色が変わることがないので、いつまでも白い輝きを保つことができます。

では、プラチナの結婚指輪が日常生活において、どんなシーンで傷ついたり、変色したりするのかということを考えてみましょう。

傷が付きにくい、変色しにくいといっても毎日はめていることで、どうしても傷はついてしまうものです。

結婚指輪が傷つきやすい行動やシーンを覚えておく様にしましょう。

まず、変形の最も多い原因は硬い物を触る行為です。

家の中でも食器を触ったり、掃除したりと家事をしていれば、硬い物に触れることは多くあるし、外出している間でも、電車や車、会社のデスクなど硬い物に指輪があたるということは良くありますよね。

登山やキャンプなどアウトドアのシーンでは思いもよらない傷が付くこともあります。

そして、硬い物に触ることに続く原因は重い荷物を持つ行為です。

指輪をした手で重い荷物を持ったりすると傷はつきやすく、更に変形まで起きることになります。

指輪が変形すると、指に違和感があったり、外れなくなるということもあるので気をつけましょう。

力仕事が多い場合などは金属疲労で指輪が切れてしまうこともあります。

変色に関しては、プラチナの場合、Pt900やPt950など純度が高ければ、温泉などでも変色する可能性は低いのですが、絶対にないとは言いきれず、極稀に含まれている他の金属に反応して変色することもあるので、外して入浴することをおすすめします。

Posted by 2015年10月2日 Category: プラチナの結婚指輪