金属アレルギーの人は結婚指輪どうするの?プラチナはどう?

結婚指輪といえば、左手の薬指にはめるジュエリーですが、最近では極々一般的に身につけている人が多い様ですが、金属アレルギーの人はこの結婚指輪をどうしているのでしょうか?

これから結婚指輪を準備しようとしている人が金属アレルギーだった場合、一体どんな素材のものを選べばいいか悩んでいる人もいるでしょう。

結婚指輪の素材でアレルギーの出にくい素材というのは、プラチナ、ステンレス、チタンなどになります。

人気のプラチナ素材がアレルギーが出にくいというのは嬉しいことですよね。

金属アレルギーというのは、小さい頃からの生まれもっての体質というだけではなく、大人になってある日突然起こるという可能性もあるアレルギー症状でもあり、大人になってお洒落を楽しみたい時に全くジュエリーが身に着けられないという女性もいる様です。

人の皮膚というのは金属をアレルギー反応を起こす訳ではなく、いわゆる金属アレルギーの症状は汗などで金属から金属イオンが作り出されることによって、皮膚から体内に浸透して拒絶反応を起こる症状をいいます。

この金属アレルギーというのは、一度でも反応が出てしまうと、その後の人生において根本的に治すということは難しい症状となります。参照:どうしてかぶれるの?金属アレルギー|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック

金属アレルギーがある人でもやはり結婚指輪を身に着けたいと考える人も多いことと思います。

その場合、金属アレルギーの原因となる金属を選ばなければ良いということになります。

アレルギー物質ではなければ、金属でも問題がないということです。

主に金属アレルギーを起こさない金属には、チタン、レアメタル素材などと言われており、これらの素材はイオン化しにくい性質からアレルギー症状を起こさないといわれています。

プラチナの結婚指輪に関しては、金属アレルギーは起こしにくいといわれていますが、硬さを上げるためにその他の金属であるパラジウムや銅を混ぜるために、プラチナ以外の金属によって金属アレルギーを起こす場合があります。

アレルギー症状を起こす人が増えている現代では、プラチナの硬さを強化する素材として、チタン、ジルコニウム、ハフニウム、ニオブ、タンタル、イリジウムなどのレアメタルを利用した結婚指輪が増えてきています。

ただし、レアメタルは希少金属であること、加工が難しいことから、結婚指輪として仕上げるにはかなり高価なものになります。

レアメタルに関しては、必ず金属アレルギーが起こらないというものではありませんので、購入する前には、必ず病院でパッチテストを受けて確認する様にしましょう。

Posted by 2015年9月24日 Category: 金属アレルギーを起こさない素材