結婚指輪の持つ意味とは?プラチナの素材の持つ意味とは?

結婚指輪というのは、結婚したカップルがそれぞれ交換したリングであり、これから一生続く結婚生活の中でふたりの愛の証として左手の薬指に身につけるジュエリーのことをいいます。

日本でも多くのご夫婦が身につけているものですし、結婚指輪を知らない人はあまりいないと言ってもいいでしょう。

そんな結婚指輪の持つ意味をご存知でしょうか?そして、結婚指輪の人気素材でもあるプラチナである意味にはどの様なことがあるでしょうか?結婚指輪をこれから選ぼうと思っている人は知っていて損のないことなのでチェックしておいてください。

まず、結婚指輪の持つ意味について。

結婚指輪が交わされる様になったのは古く古代ローマ時代となる9世紀あたりからの慣わしだと言われている説が最も有力だとされている様です。

指輪というのは占いで使われたりと尊いものとされていたり、切れ目のないその形が永遠を現すとして結婚の証にぴったりだと考えられていたのでしょう。

日本では着物文化であったこともあり、結婚指輪の慣わしが伝わっていたのはかなり遅いといわれています。

結婚式や服装の西洋化が日本に取り入れられる様になってきたおよそ50年前くらいだと言われています。

結婚指輪を左手の薬指にはめる意味は、この指が人の心臓と繋がっている血管が通っていることから人間の感情を司る指と信じられていることからの様です。

では、結婚指輪の人気素材であるプラチナが多く選ばれる意味はどういったことでしょうか?ジュエリーの素材には幾つかの種類がありますが、中でもプラチナの結婚指輪を身に着けている人は多くみられますよね。

みんなはどうしてプラチナが良いと感じたのでしょうか?それはプラチナの持つ見た目の美しさと、そして一生身につけるだけの耐久性があることだと考えられます。

プラチナは白金とも言われる様に白い輝きが印象的な素材で、日本人の肌にも違和感なく身につけられることもあり、普段ジュエリーを身に着けない男性でも色味も華やかすぎず、手元を品良くはめることができます。

そして、プラチナは他の地金よりも固い素材で、指輪をはめている時に重い物を持ったり、硬い物を持ったりすると指輪が変形してしまう場合もありますが、プラチナの場合はそういった心配が少ないという特徴があります。

また、結婚指輪ははめっぱなしという人が多いと思いますが、水に触れても、洗剤などに触れても、変色しにくく、いつまでも変わらないという高い耐久性があることもプラチナである意味があるといえるでしょう。

Posted by 2015年8月21日 Category: プラチナの結婚指輪